記事一覧

闘病日記 2016 5 17

こんにちは。

愛みうの、音楽に癒されてる。

今、聴いてるのは、愛する湖。

ボーっとする。

今日は、このまま、ゆっくりしよう。

お身体に、気を付けて、お過ごし下さい🌸
スポンサーサイト

コメント

Re: おはようございます🌸

コメント、本当に、ありがとうございます😊🌸✨

深い、お話ですね。

こんなに、深い、お話をして頂いて、ありがとうございます😌🌸✨

お身体に、気を付けて、お過ごし下さい🌸

野の花と五月の風(無償の愛)

野に咲く花は美しいけれど、
「ほら、見てごらん」とは言いません。
五月の風はさわやかですが、
「そら、感謝しろ」とも言いません。

真昼の陽光は全てを育みますが、
降る雨は全てを養いますが、
与える側はただ与えるだけ、
もらう側もただもらうだけ。

ミツバチは花の蜜を吸い、
花粉をせっせと集めていますが、
花を受粉させてやるのだとか、
来年の生きる糧のためだなどとは思いません。

花はただあるがままに咲き、
ミツバチもただ思うままに生き、
太陽はただ照らすだけ、
雨もまたただ降り注ぐだけ。

野に咲く花が美しく、
ミツバチ達が微笑ましいのなら、
もしも宇宙の造物主が、
全てをあるがまま愛しているのなら……

人間の欲や喜怒哀楽、
憎しみや悲哀や絶望や罪までも、
全て含めてただあるがままに、
愛しているのが神であるはずです。

アッシジの聖者、フランチェスコ。
彼を描いた映画「ブラザー・サン、シスター・ムーン」で、
「私も神の創造物――」と歌われるように、
人もまた神の創造物なのですから……

ナザレのイエスが言いました。
「私は世を裁くために来たのではない。
 正しい人のために来たのではない。
 罪ある人を招いて救うために来たのである。」

キリスト教では原罪ばかりを主張しますが、
ナザレのイエスその人は、
人間が生まれながらに罪ある者だなどとは、
ただの一度も言いませんでした。

それどころか気高い人の子は言ったのです。

「子供のように天の国を受け入れる人々こそが、
 神の懐に抱かれて、
 子供のように自らを低くする者が、
 天の国では最も高き者とされるのだ」と。

不倫の女に石を投げるどころか、
言葉を尽くして救った人が、
娼婦であったマグダラのマリアを愛した人が、
どうして人を罪深いなどと言うでしょう?

コメントの投稿

非公開コメント